やはり風俗店で働くには、細く、なが~くが稼げるポイント!

自分のペースで働く!風俗店を見学するときのポイント

体入で知る!

そもそも、多かれ少なかれ風俗店に対してクリーンなイメージを持っている方はほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。
入店希望者は、そんな世界に飛び込むわけですから、いくらお給料が良いからと言って簡単に入店できるわけがありません。
しかし、安心してください。体入の前にも、しっかりとした面接があります。
この面接は、体入とは完全に独立したもので、面接+体入という考え方ではありません。
ですので面接で自分には合わないと思った時点で取りやめることも可能ですし、体入迄踏み切ってお客さんを相手にしてみた時に
継続する自身が無ければ、1人目のお客さんのみで入店をお断りしても何ら問題はありません。
もちろん少しでもお仕事をすればインセンティブはしっかりいただけるシステムで帰って一般企業よりもクリヤーな状況です。
現代の風俗店は一般企業同様、いやある意味ではそれ以上企業としてクリヤーなシステムを導入しています。
中小企業にありがちな、面接時に含みを持たせたような物言いで、ごまかした形で入社させ、実際入社した後に面接時での条件を少しずつ会社の都合の良い方に
変えていくと言った詐欺まがいなことは、風俗店ではありえません。
なぜなら、ただでさえ世の中の評価がマイナスなのに、含みを持たせるようなグレーな面接をしていたら面接の時点で入店希望者が集まりません。
それだけ風俗店のお仕事とは、働く人にとってもかなりハードルが高い業態だからです。
更に、風俗店に着いたダティーなイメージを払拭するために考えられたのが体入です。
風俗店は、あいまいな話で細かして入店させても、実際お客さんを相手にしてみて自身を無くす方も沢山います。
ですので、採用者もすべて正直に話をしてくれますし、店長はじめスタッフもとっても働く人にやさしく接してくれますし、親切な方ばかりです。

風俗店とは?

風俗店に入る前に実際にお客さんの相手をすることを体入(体験入店)と言います。 初めて風俗店で働こうとしている方は、とても不安です。 女性からすると、風俗店のサービスを利用することもなく、実際に何をするのか目にする機会もないのですから無理もありません。 そういった不安を解決するのが体入です。

面接や、体入の際に注意したい点は!

面接の時点でお給料、休暇、福利厚生などの聞きづらい事も遠慮なく聞くことは当然ですが、 今後入店して働いていくうえで、店長やスタッフの人柄はとても大事になってきます。 お客さんを相手にするという事はとてもストレスがたまるものですので、仲良く楽しく働ける職場が最低条件です。

お給料だけではありません!

お給料が高いから大抵の事は我慢できるだろうは大間違いです。 幾らお給料が高いからと言っても、毎日自分が嫌だと思っているサービスをやり続けるという事はとても困難です。 お給料が高い分休みがちになり、退職と言った本末転倒な行く末になりがちです。細く長く働かなければ自分のペースでは働けません。